発生頻度の少ない病気

病院

十二指腸がんの原因ははっきりしていませんが、原因とされるポリープを作らない健康管理が重要です。乱れた食生活やストレス等、身体に負担をかける行動や考え方を改善していく生活習慣の整備がポリープを作らないための工夫になります。日頃から自分の生活習慣を振り返る姿勢が必要なのです。

詳しく見る

原因を知って対策を

ドクターとナース

癌性胸膜炎は、その名の通り癌を原因とした胸膜炎です。つまり癌にならないようにアルコールやタバコの過剰摂取、暴飲暴食、ストレスといった身体に有害な行動をしない健康管理が大切です。自らの生活状況を見直して、癌を日頃から予防する取り組みが重要です。

詳しく見る

がん治療を受ける

ドクター

横浜クリニックでは、高レベルながん治療を受けることができます。今までになかった免疫細胞療法という治療法であれば、進行したがんでも諦めずに治療していくことが可能なのです。

詳しく見る

がんの転移を防ぐ

聴診器

日本人の病気で最も多いのはがんで、誰でも発症してしまう病気のひとつです。また、がんを発症してしまったり、他の箇所に転移してしまうととても怖いものです。しかし、転移や発症した際でも治療をすることができます。

詳しく見る

増加している

ナース

現代には様々な病気があり、種類によって症状が異なるので注意が必要です。日本で多いと言われるがんには直腸があり、患者数が多くいることで知られています。食生活が原因で直腸がんになりやすいと言われています。

詳しく見る

予防が大切

ハート

大腸がんを患ってしまった際には、手術治療を行ってがんを摘出することができます。しかし、がんを摘出しても知らぬ間に転移してしまうことがあります。最悪の場合死に至ることもあるので、早めに病院で調べてもらう必要があります。

詳しく見る

症状を把握する

病院

がんは日本人の病気で最も多い病気となっています。また、すい臓がんは自覚症状があまり分からない為に、発見に時間をがけてしまいます。治療方法は症状によって異なります。医師と相談して治療方法を進めていくと良いでしょう。

詳しく見る

癌が成長すると

カウンセリング

がんが最初発生した場所から離れた場所で新たに発生することを転移と言います。とくに発生した場所から遠く離れた場所で見つかると、全身に広がっていることが考えられるので、転移の有無はとても重要な要素です。転移があると抗がん剤を使用し、がんと共存することを目的とした治療を行います。

詳しく見る

女性ならではのがん

医者と看護師

卵巣がんの原因は、遺伝的なもの、排卵回数が多いこと、脂肪分の多量摂取が考えられています。予防にはピルの服用や、バランスのよい食事をとることなどが挙げられます。卵巣がんの治療は基本的に手術で、なるべく腫瘍を取り除き、薬物療法を行うことです。

詳しく見る

他にも転移の可能性が高い

医者

胆のうがんは、がんの中でも発症する確立がすくないのですが、万が一になってしまうと他の場所への転移している可能性が高くなります。ですから、胆のうがんの症状に似ている人は早めに病院で検査を受けましょう。

詳しく見る

進行を遅らせる

看護師

前立腺がんは進行が遅いので早期発見することができればがんが転移することを防ぐことができます。また、症状がわからない場合は心配だと感じて検査を受けるようにしましょう。

詳しく見る

早期の切除

相談

がんは完治できます

日本人の死亡原因は衛生面が悪化していた時代は感染症が多い時代もありました。しかし、公衆衛生が改善する一方で栄養バランスが充実して長寿命化が進行する近年、内臓の様々な部位に対するがんが主要原因を占めるようになっています。また、治療後のがんの転移も死因を押し上げています。 がんに発症した際の主要な治療方法である外科手術による切除は、早期発見が出来て転移がない場合には直接的にがんを完治する可能性を高める手段という利点があります。また、進行性のがんでも病巣以外に転移傾向の強い周辺のリンパ組織を同時に切除することで、完治率は年々上昇しています。更に初期症状の場合には、内視鏡を使うことで身体に多大な負担をかけずに手術をすることも可能になっています。

転移は遠隔部に発症します

がん細胞は健康な細胞に異常が生じて増殖するため、身体内のあらゆる部位で発言する可能性があります。しかし、病巣となる部位から細胞が遠隔地に移動すると健康状態であった部位の発症リスクは格段に高まることが知られています。この現象は転移と呼ばれて、がん治療を行うためには転移の制御が不可欠になっています。 転移の原因として血液による移動やリンパ液による移動等が挙げられますが、がん細胞は身体由来の細胞であるため免疫機構で排除される可能性が低くて身体のあらゆる部位に伝搬する可能性があります。ただし、転移先に特徴的な傾向が現れる事例も報告されていて、臓器機能と血流量の関連性から増殖抑制の手がかりを見出す研究も進められています。

Copyright© 2017 がん転移が発生するその前に〜病ニモマケズ早期治療〜 All Rights Reserved.