原因を知って対策を

ドクターとナース

癌性胸膜炎の症状と原因

癌性胸膜炎は、癌細胞が胸膜に進出する事によって過剰に胸水が溜まり胸痛や呼吸困難などが発生する病気です。肺癌、胃癌、乳癌等が発症の原因となりますが、その中でも肺癌が最も大きなリスク要因になります。胸水は肺の動きをスムーズにする為に全ての人に存在しますが、癌性胸膜炎では必要以上に胸腔内に溜まる事で呼吸等に悪影響が出るのです。 癌性胸膜炎で発生する胸痛に関しては、深呼吸や咳によってさらに増悪する事になります。また、胸水が溜まると肺がしぼんで肺炎まで発症する可能性があるのです。状態が悪化するとタンパク質が多量に胸水内に流出して栄養不良にもつながっていきますので、気になる点があれば早めに医師の診察を受ける事が重要です。

早期の治療で悪化を防ぐ

癌性胸膜炎により胸水が溜まる状態が続く事は、患者にとっても耐え難い苦痛です。しかし早期に治療に取り組む事により、胸水が溜まる事を予防し症状の軽減につながる可能性があります。治療は主に抗がん剤等を使用して胸水が溜まる状態を防ぐ事に重点が置かれます。胸水が増えている状態では穿刺により胸水を抜く事も行われます。 癌性胸膜炎は予後不良とされていますが、何事も早期発見と早期治療は大切です。最近は症状の軽減につながる様々な抗がん剤も開発されていますので、医師の指示に従って症状が改善する方法に共に取り組んでいく事が大切です。定期的に健康診断を受けるなど、身体の異常が早期に発見できるよう努めていく事が必要なのです。

Copyright© 2017 がん転移が発生するその前に〜病ニモマケズ早期治療〜 All Rights Reserved.