増加している

ナース

現代には様々な病気があり、症状や治療方法が異なっています。
日本人が発症する病気はがんです。
がんにも様々な種類があり、人によってがんになる箇所が異なっているのです。
その中でも、直腸がんの患者が増加しており、食生活の欧米化で発症してしまう原因として考えられています。
また、直腸がんは大腸の内面膜にできて、少しずつ大腸の壁に進行していき、症状がさらに悪化してしまいます。
しかし、直腸がんは進行が遅く異常を感じたら早期発見できれば、早く完治することができるのです。

直腸がんを発症してしまう症状としては、血便や便秘や下痢といった自覚症状で確認することができます。
直腸がんは肛門の近くにできるために、発症して早い段階で出血症状が見られることが多くあります。
がんが発生してしまった腸の表面は、血管が多くあり便が通過する刺激でも、出血が発生してしまうのです。
しかし、この出血は痔だと勘違いしてしまう方がいるので、直腸がんの発見が遅くなることがあります。
また、直腸がんの発生で出血期間が長いと、貧血を起こしてしまい、ふらつきや全身の倦怠感があります。

直腸がんを発生してしまわないようにするには、日頃の生活習慣を見直す必要があります。
野菜の摂取量をあげたり、普段お酒を飲む方なら量を減らすことでも、直腸がんを予防することにも繋がります。
さらに、直腸がんだけでなく他の様々な病気を予防することができるでしょう。
もし、なにか体に違和感があれば病院で検査してもらい、健康な生活を送りましょう。

Copyright© 2017 がん転移が発生するその前に〜病ニモマケズ早期治療〜 All Rights Reserved.